Works

K23KO邸

個人住宅

子供さん達が社会人として独立し、老後の生活を視野に入れて計画された住宅です。台所から居間まで連続した明るく風通しの良い空間で構成されていますが、東面、南面の日当りを確保しながら西日を遮り、視線や遮音等周囲の環境を十分考慮しています。また坪庭の木製塀やバルコニーの木製手摺で無機質な佇まいにならないように配慮をしています。輻射式常時暖房の採用により11月から5月までほぼ一定の快適な室温を常時保つことが出来ます。1階のサワラ25ミリ厚のフローリングが冬暖かく夏は爽やかな感触でこの住宅の快適さの重要な素材です。

場所
埼玉県春日部市
用途
専用住宅
種別
新築
構造
W造
規模
2F 105㎡
竣工
2011年

暖房設備:輻射式常時暖房

PAGE TOP